NEWS & INFO
ニュース&インフォメーション

組立作業の改善 「コンテナ 編」

2020.11.27

前回の記事 組立作業の改善 「アーム 編」では、「部品を取る距離が遠い = 時間がかかる」の気付きから、ピボットアームを使用して

「部品を取る距離を短くする = 時間短縮になる」という改善をご紹介いたしました。

 

今回は部品の取り出しを快適にするコンテナ(パーツトレー)を使用した改善をご紹介いたします。

 

 

 

はじめに改善前の作業机をご覧ください。

 

1_改善前の作業机-a
1_改善前の作業机-b_修正

 

みなさんの作業机も、このように組立部品を空き箱やコンテナに入れていませんか?

 

 

 

 

以下の画像は、組立部品(M4平ワッシャー)を空き箱に入れた時の作業状況です。

 

部品を取る作業となると、部品を引き起こしてから指で挟まなければならず、大変取りにくいです。

 

 

 

問題となるのは…

 

部品が取りにくい = 時間がかかる     

 

ということです。

 

  

 取りにくい部品をつかむ作業は、時間がかかり遅滞を起こす原因にもなり、作業者の疲労にもつながります。

 

 

 

そこで次のように改善しました。

 

取りやすい形状のコンテナに部品を入れました。

人差し指と中指で部品を引き寄せ、親指の上に乗せて挟むので、大変取りやすくなります。

コンテナの先端が薄くなっているため、指でつまみやすくなっています。

 

 

 

 

つまり改善のキーポイントは……

  

部品を取りやすくする = 時間短縮  +  疲労軽減

 

ということです。

 

 

 

 

 弊社では前回ご紹介したピボットアームと組み合わせて、次のように使用しています。

 

4_改善後の作業机-a
4_改善後の作業机-b

 

 

ピボットアームで近い位置に配置し、アームにコンテナを取り付けています。

コンテナはワンタッチで取り付けが可能で、溝があれば自在に位置も変えられます。

 

 

5_コンテナ-a
5_コンテナ-b
5_コンテナ-c

 

 

コンテナの詳細はこちら

 

 

今回は部品の入れ物を変えるという単純な改善でしたが、普段は特に問題とも思っていない部分に焦点を当てることで、時間短縮、疲労軽減につながる改善としてご紹介いたしました。

 

 

 

 組立作業の改善の記事は、「部品配置編」、「アーム編」、「コンテナ編」をご紹介しましたが、その改善活動をまとめた「Webセミナー」を来年1月と2月に開催いたします。

Webセミナーの詳細につきましては、下記をご参照ください。

https://www.imao.co.jp/event/webinar/short01.html#short04