NEWS & INFO
ニュース&インフォメーション

組立作業の改善 「部品配置 編」

2020.08.27

今回から、「エルゴノミック ワークベンチ」を使用した弊社の社内改善を定期的に紹介いたします。

第一弾は、作業デスク上(卓上)での部品配置の改善についてです。

 

 

      お客様から次のようなお悩みを伺うことがあります。

 

 

 

人が行う組立作業の軽減、時間短縮を図りたい。  しかし、何をどう改善すればよいか分からない。

 

                       

                         実は弊社も同じ悩みを抱えていました。

                         この問題に対して、弊社では次のような考え方で改善いたしました。

 

 

                                

                                「手の近いところに必要な物を配置する」  

                                そして、「手の可動範囲は肩を中心とした球状の範囲として検討する」

                                   シンプルではありますが、これこそが重要なポイントです。

 

                                                        

                                          

 

                            <引用文献  正田 亘著、増補新版「人間工学」 33ページ、恒星社厚生閣、1997>

 

 

 

手の可動範囲が球状ですので、下記右側の図134のような卓上のレイアウトが理想となります。

しかし、実際は下記左側の図133のレイアウトで作業をされている方が多いのではないでしょうか?

弊社の作業現場でも、数年前まで一直線上の平置きにして、作業をしていましたが、現在は円弧状の立体的な配置で作業をしています。

              

 

                 

 

         <引用文献 ラルフ・M・バーンズ著 大坪 壇訳、「最新 動作・時間 研究」 205ページ、産能大学出版部刊、1990>

 

 

 

下記の画像は手の移動距離とひじの曲がりの違いを示しております。

 

20200825_手の距離_赤線付き_遠a
改善前

     組立部品は一直線上に配置されていて、ひじを伸ばさないと取れない

20200825_手の距離_赤線付き_近a
改善後

           組立部品を円弧状に配置されていて、ひじを伸ばさなくても取れる

 

 

いかがでしょうか? ひじの伸びが無くなり、「手の近いところに必要な物を配置する」ことができました。

この改善を行うことで、作業の軽減と時間短縮が図れます。

弊社では、この配置の見直しを行うことでトータル組立時間が21%も短縮されました。

 

次回も引き続き、弊社の改善活動をご紹介いたします。